工務店に依頼するメリット

費用についてのメリット

注文住宅で家を建てる場合、大手のハウスメーカーに依頼するのか、工務店に任せるのかで迷う人がいます。どちらにもメリットはありますが、少しでもコストを抑えたいなら工務店に頼んでおく方が安くなるケースが多いです。中でも仲介料が発生しにくのが大きいです。例えば大手のハウスメーカーだと、いろんな下請け業者を使って施工をします。またハウスメーカーによっては注文を受けるだけで、後は別の業者に丸投げといったことは珍しくありません。すると各社が儲けを出そうとするので、その分高くなりがちです。ところが工務店であれば、一社だけで建物を完成させる場合や、別の業者を利用したとしても一、二社程度であることがほとんどです。そのため仲介料などの余計な費用が少なくて済むため、最終的に必要となる費用を抑えられる可能性が高いというわけです。

設計がより自由にできる場合が多いです

大手のハウスメーカーでは、施工の手順や使う資材などがマニュアル化されています。そのおかげで何軒建てても品質は変わりませんし、短い期間で完成させることが可能です。それは注文住宅でも同様で、キッチンやトイレ、ドアなどの設備は好きなものを選べますが、間取りは変えられないことが多いです。そのため大手のハウスメーカーが推奨する建物が建てられない土地では、施工を断られてしまうことがあります。その点で言えば、工務店なら基本的に場所を選びません。むしろ極端に狭い、歪な形の土地での建設が得意だと宣伝しているところさえあるのです。もちろん建築基準法を満たさない建物は無理ですが、それ以外なら柔軟に対応してくれるため相談しておくと良いでしょう。

分譲住宅は建物が完成するまでの過程を確認することができないため、施工会社の評判をあらかじめ調べておくことが大切です。