工務店の選び方

自社設計や自社施工を行っている

大手ハウスメーカーなどに多い形は、契約は別会社が行って実際の施工は下請け企業に依頼する、というパターンです。大手ともなればこのやり方でも十分な水準を保つことができますが、中規模な工務店に依頼する場合は注意が必要です。工務店が自分で施工・設計できる場合は技術力も十分に持っている証明になりますし、できない場合は設計の段階で少々無理を通していたり、余計な費用が発生する可能性があります。また、住宅の建設中は意外とトラブルが発生しやすいものです。そのトラブルが発生したとき、下請けの会社に話を通せばよいのか、工務店に話を通せばよいのかわからないのでは不便でしょう。そんな不便さを解消する意味でも、自社施工している工務店がおすすめです。

きちんと会話のできる工務店

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、会話をしているように見えて実は適当に要望を聞いているだけの工務店も稀に存在します。注文住宅は自由度の高い設計が魅力ですが、全ての要望をかなえられるとは限りません。予算的に無理があったり、素材を調達することが難しかったりと、様々な制約が生まれる中建築することになるでしょう。そんな打ち合わせは多いケースで10回以上行われますが、打ち合わせ自体をおざなりに済ませるような工務店は信用できません。何でもハイハイと要望を受けて建築に移行するのは、建築途中にトラブルが発生する要因になりかねないのです。きちんと工務店側が意見を通してくれること、その基準を忘れずに選んでみましょう。

一戸建ては毎月の家賃出費がなくなるほか、マンションのように管理費や修繕積立金も支払わずに済むというメリットがあります。